合肥の産業園

さて、合肥に来ました。午前中は合弁パートナーと商談。パートナーは友達の紹介なので、人物的には信頼出来そうな人。会社も200人を超すスタッフが居り、CMMI Level3も取得している立派な会社。それでも、合弁は非常に難しいので、慎重に進めないといけない・・・。


午後は産業園を見学。
合肥産業園
見学と言っても、まだ、工事中なので、よく分からないのだけど、現場の責任者の方に色々と説明してもらった。市内から車で20分程度の場所で、何もないところを大規模開発中。産業園はIT系の会社が入るのですが、周りには工業園などもあり、色々なものを集約していくみたい。今のところ、周りには何もない。なので、産業園の中には専用の食堂やホテルも出来るらしい。値段は30元/平米/月(管理費含まず)だそうです。
夜はいつもの流れで食事会。徽菜(安徽省の料理)を堪能。非常にうまい。また、白酒(ばいじう)もご馳走になる。20年ものの超高級白酒(多分、2000元ぐらい・・・)を頂く。こちらもうまかった。白酒が嫌いな人も多いようですが、恐らく、本当に美味しいのを飲んでいないのかなと思います。席には会社の方も参加してくれました。こういう時こそ、中国人老板の部下への接し方を勉強出来るチャンスです。
後半、パートナー企業の社長さんの古い友達で、日本に17年在住、現在は都内の大学で教授をやられている先生を紹介頂いた。仏教学の専門家の陳継東先生という方で、日本の文化を私より深く知っている方でした。大変勉強になりました。合肥で日本文化の講義を受けるとは思いもしませんでした・・・。先生は、日本に行く前は「抗日」だったけれども、日本に行ってからは多くの誤解があった事がわかって、今は、中国に日本文化を伝えたいという事でした。ありがたい。これは、日本人の中国観も同じ問題があるなと思います。何事も自分の尺度を持って、自分で判断せねばいかんと思います。

    • 増田
    • 03/26. 2008 10:58am

    おいしい白酒があるのですね。
    とはいえ2000元の白酒はすごい!
    ちょっと飲んでみたいです。一杯だけ。
    ちなみに、今更中国語勉強してます。

    • 汪安迪
    • 03/27. 2008 11:23am

    やはり白酒ですけどね・・・。
    高級白酒は悪酔いしないですし、翌日も二日酔いになりません。
    中国語、頑張ろう!

  1. No trackbacks yet.

(上記4文字の英数字を入力してください)※

return top