Archive for ‘ October, 2006

あらかぶの味噌汁

 10/28に旧友(http://www.nhk.or.jp/a-room/ana500/ana/00407.html)の結婚式が地元、長崎であったので、27日から長崎入りしてました。
 28日は結婚式、29日(日)は久々に地元でゆっくりしました。

Read more

むぎいち ロマンボトル

 金曜、知人と飲んだ。現在、無職の知人。来週には就職が決まるとかなんとか。
 一ヶ月ぶりぐらいにふと思い出して、まだ、無職か聞いたところ、無職というので、こちらも暇な夜という事もあり、メシ食おうと誘いだす。30分後って言っておきながら、一時間後に到着すると、やや怒り気味で日本語のフリーペーパーなど読んでいる模様。
 正直、時間を守るのが苦手だ。先だっても、家族連れで日本行きの飛行機に乗り遅れ、4時間以上も空港で時間をつぶした有様。思い起こせば、高校生の時から遅刻が多かったような気がする。人間の本質とは容易に変わらないものだ。

Read more

上海蟹に発がん性物質?

 「陽澄湖の大閘蟹(上海蟹)から発癌性物質が検出された」との報道が、19日の東方早報(新聞)でなされたようです。
 http://www.asahi.com/international/jinmin/TKY200610210192.html
 このニュースだと場所とか書いてないですが、台湾に輸出されたもので検出されたようです。
 http://www.chinanews.com.cn/tw/mswx/news/2006/10-19/806723.shtml

Read more

オフショア開発における品質管理 2

 品質管理ってのはそもそも何でしょう?
 ソフトウェア業界よりも遥か昔から、製造業の現場では品質管理が行われてきており、日本のメーカーの品質管理技術というのは相当に高いものだと思います。
 やはり、まずは、ソフトウェアの品質管理とか、オフショア開発における品質管理とか、ツールがどうとかを考えても「木を見て森を見ず」ならぬ「コードを見てプロダクトを見ず」になってしまう。
 まずは、本質論ではなかろうかと思い、少しネットで調べてみた。

Read more

人材募集のお知らせ

http://www.kamome.cn/item/3025

探してます。ここのっけてないですが、PG/SE/PMも継続募集しております。
応募待ってます。

オフショア開発における品質管理 1

 最近、社内が大分安定してきたので、営業に力を入れるように心がけています。新規営業をしていると、お客様から様々なご質問を頂くわけですが、このような質問が弊社の開発レベルを底上げしていく上で非常に重要な課題を浮かび上がらせる事が多いですね。
 お客様が気にするポイントというのは、往々にして共通事項が多いという事に、今更ながら気がつきました。歴史の浅い会社の弱点はベースとなるノウハウの蓄積が少ない事だなと思います。良質なノウハウを社内に溜めていきたいものです。
 さて、オフショア開発で気になる事のひとつとして「品質」があります。この質問をしてこないお客様はいないと言ってよいでしょう。

Read more

上海だー

てなわけで、上海です。飛行機は墜落する事もなく、再び、私を中国に戻してくれました。今回、オフショア案件が幾つか拾えたので、ここ2ヶ月ぐらいは国内案件よりオフショア開発が主体になるかなって感じです。
とりあえず、空港に降り立ったところで、中国気分を満喫する為、空港から路線バスに乗る事にしました。
バス乗り場(空港線二番)に行くと、案内のお姉さんが「JingAnSi?」と聞いてきます。おおっ、中国だ。やっぱり、中国だ、なんて馬鹿な事を思いつつ、スーツケースをバスの下部にある荷物入れに入れます。

Read more

関西空港にてビール中

久しぶりに、3週間も日本に滞在しました。半分はプライベートですけどね。本日、帰国。国慶節が間にあったので、仕事ベースでは二週間ぐらいの空き。
大阪⇒長崎⇒大阪⇒浜松⇒東京⇒大阪を移動しましたが、全部、陸路だったので、少々、時間を要しました。
名刺交換も50枚弱ぐらいで、多くの人とお会いしましたね。

Read more

セミナー(10/11)やります

http://asia-itbiz.com/

ご興味あれば、ご参加を。
怪しい宗教勧誘セミナーではありませんので、安心してご参加下さい。

子供が生まれました

私事ですが、予定日を一週間程過ぎた10/4の17時頃、3人目の子供、「莉穂(りほ)」ちゃん(女の子)が生まれました。
へその緒が首に絡まってたみたいで、心拍数が下がった為、急遽帝王切開という事になりましたが、親子無事でした。
色々な方からお祝いのお言葉を頂きましたが、ここに改めてご報告させて頂くと共に、お礼を申し上げます。

Read more

return top