Monthly Archives: October 2019

秋採りズッキーニ出荷開始

9/3に定植したズッキーニだが、9/28から人工受粉を開始して、10/2から出荷開始した。気温次第だが、播種から考えると40〜45日程度で出荷までいけるという事だ。

どんぐり農園の秋収穫ズッキーニ(2019)

どんぐり農園の秋収穫ズッキーニ(2019)

今回、トキタ種苗のゼルダネロ、ゼルダパワーを比較で植えてみているが、感覚的な比較で言えば下記の通り(どんぐり農園感覚調べ)。

項目 ゼルダネロ ゼルダパワー
早晩生 早生 極早生(秋採りでネロより4-5日早い印象)
草勢 普通 かなり強い
食味 味濃い(個人的にはこっちがうまい) 淡白
花つき 雌花多い 雄花多い

ざっくりまとめると、ゼルダパワーの方が草勢があり、早く取れ始めて、自立してくれる確立が高いが、収量、食味的にはゼルダネロの方が良いように思われる。ゼルダネロは春でも秋でも栽培出来る万能型なので、周年でこの一択でも良いような気がするが、栽培後半に雄花が咲かなくなる問題がある。その為、イエロー系の品種を入れない時は、受粉用にパワーのような品種があった方が相互補完があっていいかも知れない。

何はともあれ、初めての作付体系なので、無事に出荷まで来れて良かったとういところだ。ただ、気になるのは風への耐性で、知り合いの農家が植えたパワーはポキポキ折れてしまっている。今回、10/12に大型の台風がやってくるので、風への耐性がこれで判断出来ると思われる。

ちなみに、市場価格は平年より1kg単価で平年と比べて100円以上安い値段で推移しており、ちょっときつい。10月に入っても気温が高い日が続いており、長野産の出荷数量が減ってこない事が大きく影響していると思われるが、台風19号以降は気温も低下するようなので、上がってくるのではないかと期待している。

2019年度トルコキキョウの定植

トルコキキョウ(ユーストマとも言う)の4年目の定植が無事に完了した。約3万本を手作業で一本づつ植えていくので、腰への負担が大きい作業だ。ガーベラなどは高設栽培が一般的になっているが、トルコキキョウは土耕栽培となるので、このあとの管理も腰の痛みに耐えながらの作業になる。

4年目を迎えたトルコキキョウ生産だが、恥ずかしながら、うちの経営作物の中で赤字が続いている唯一の品目で、年々良くはなっているものの、大変苦労している。売上がいまいち伸びない原因は以下のように3つある。

1.技術的な問題で高値となる高品質なお花に仕立て上げられていない
2.狙った時期に出荷が出来ていない
3.立ち枯れ病により花が枯れる

どんぐり農園トルコキキョウ定植2019年9月

どんぐり農園トルコキキョウ定植2019年9月 散水後の様子


Continue reading