Archive for ‘ April, 2007

関西空港ラウンジ

出来ました。24時間営業。

http://www.kansai-airport.or.jp/lounge/index.html

Read more

「A」―マスコミが報道しなかったオウムの素顔(森達也)

「A」―マスコミが報道しなかったオウムの素顔
 作家:森達也
 発行年:2002
 出版社:角川書店
 読み終えた日:2007/04/21
 スター:★★★★☆
最近、私が好きなジャーナリストの本。まあ、ドキュメンタリー監督らしいんだけど、個人的にはジャーナリストだと思ってる。本物の。

Read more

新幹線

これから大阪に移動です。

Read more

沈黙(遠藤周作)

沈黙
 作家:遠藤周作
 発行年:1966
 出版社:新潮社
 読み終えた日:2007/04/16
 スター:★★★★★
ここ数年でもっとも衝撃を受けた小説。正直、私なんかが感想を述べる事すらおこがましく、気が引ける。
徳川幕府の前期における、基督教が禁制になった当時の物語。史実を基にしながら、ある程度の創作を入れてあるらしい。

Read more

丸の内カフェ

また、東京に来てます。
前回の出張で発見した「丸の内カフェ(http://www.marunouchicafe.com/)」に大嵌まり。

Read more

アヒルと鴨のコインロッカー(伊坂 幸太郎)

アヒルと鴨のコインロッカー
 作家:井上ひさし
 発行年:2006
 出版社:東京創元社
 読み終えた日:2007/03/20
 スター:★★★★☆
かっこいい。この本はその一言に尽きます。今風の小説で、なんというか、ドラマチックで躍動感があります。映画を見ているような気がして、どきどきしながら、一気に読めます。

Read more

或る「小倉日記」伝 (松本 清張)

或る「小倉日記」伝
 作家:松本 清張
 発行年:1965
 出版社:新潮社
 読み終えた日:2007/04/09
 スター:★★★★★
恥ずかしながら、松本清張というと、テレビドラマのイメージもあって「推理小説作家」という認識でした(テレビは一度も見てませんが・・・)。そういう認識もあって、これまで、松本清張の本を全く読まないできておりました。今回、初めて、松本清張の本に触れ、これまで読んでこなかった事を、反省しなくてはいけないと思ってしまった程でした。

Read more

多忙といえば多忙

な日々です。失注したり、受注したり、新規の引き合いが来たり。

Read more

return top