第6回「親子で大谷崩れの森づくり」植樹イベントに参加(前編)

5/25に開催された「第6回 親子で大谷崩れの森づくり」植樹イベントに参加してきた。この大谷(おおや)崩れの植樹イベントは、梅ヶ島のホームページで知ったのだが、私自身が植樹の経験がなかったのでやってみたかった事、つい先日、大谷崩れの辺りを登って愛着があった事、子どもたちにも自然の脅威というのを知ってほしいと思った事などがあって、参加してみる事にした。

お知らせページ:http://umegashima.jp/info/post.html?d=100

主催は「いのちの森づくり静岡少年団を支援する会」というNPO法人で、国土交通省の方を始め、地元の森林組合、建設会社など、その他多くのボランティアの方が運営に参加されていた。

20130525_植樹_pic1

Read more

山伏・大谷嶺・八紘嶺縦走

2013年5月4日、久しぶりに登山したので山行記録。焼津から車で1時間半ぐらいでいけるアクセスの良い梅ヶ島を起点に、西日影沢から山伏へ上がり、八紘嶺に縦走していくルート。この辺りは、昨年、家族で安部の大滝をハイキングしてみて、少し気になっていた山塊だったので、今回時間を作って、登ってみた。
安倍川流域山塊 西日影沢の山伏登山口

山伏は、安倍川山塊で唯一標高2000mを超す山で、それ程、人気という事もなく、静かに登れる山だ。夏になると、山頂付近でヤナギランの群生が見られるようなので、一度はハイシーズンに行ってみたい。山伏から八紘嶺への縦走の途中には、日本三大崩れとして有名な大谷崩れというのがあって、崩れ好きであれば、一度は行ってみたいと思う場所だ。

コースと山行時間は以下。距離としては大体20kmで、時間は9時間ぐらいで、前日の晩に黄金の湯まで行って、そこの駐車場に車中泊させて頂き、朝5時に出発するプランとした。

新田黄金の湯(4:50)⇒(5:50)西日影沢にある山伏登山口(6:00)⇒(7:10)蓬峠(7:10)⇒(8:35)山伏(8:40)⇒(9:45)新窪乗越(10:15)⇒(10:50)大谷嶺(11:05)⇒(12:25)八紘嶺(12:30)⇒(14:00)梅ヶ島登山口

スタートの山伏登山口とゴール予定の梅ヶ島登山口の間は7kmほどの車道があって、歩くとそれなりの時間が掛かる為、夜中のうちに下山口付近の梅ヶ島温泉駐車場に自転車を置いておき、下山してからチャリで駐車場まで行く事にした。しかし、深夜にママチャリを置いている姿はとてつもなく怪しく、粗大ごみを山に捨てに来たヒトとかに間違われたらどうしようって感じだ・・・・・・。

Read more

上海法人で月餅配りました

少し早めだったのですが、私が上海に出張するタイミングに合わせて準備してくれたので、本日、上海法人のスタッフに月餅を配りました。弊社の場合、日系企業が多い事もあって、上海側のお得意様にはあまり配らないのですが、毎年、社内には配っています。
最近は、日本での仕事が多く、上海に滞在する期間が短いにも関わらず、無事に会社が運営できているのはみなさんのおかげです。言うまでもなく、日本法人のスタッフにも大変感謝しているのですが、月餅習慣は中国しかないので、今回は中国だけです……。

Read more

ゆるゆるとサイトオープン

ゆるゆると楽しい会社運営を目指しているワンジーなんだけど、この度、二つほど、サイトをオープンしてみた。
1:モノヨクストア:http://www.mono49.com/

2:ゼロテチンタイ:http://www.zerochintai.com/

モノヨクストア(MONO49)はApple系商品の周辺機器を中心としたデジタルガジェットをECで販売する。INCIPIOとかイケてる感じの商品を売っている。今のところ、基本的に、私が仕入れ担当なので、自分で納得した商品を集める。
ちなみに、アップル系商品という事で、アップルジュースとプリンとゼリーも売っちゃう。うまいからね。先日、知り合いに頂いて飲んだら、甘くてびっくり。というわけで、秋田の横手市まで静岡から12時間掛けて商談に行ってその場で仕入れてきた。4/1に行ったのに、雪降ってて、大変だったという話しはまた、後日。
ゼロテチンタイは無料の不動産探しサイト。不動産を管理している管理会社、オーナーさんからバックマージンをもらえる物件があるので、そういう物件を載せてる。実際の紹介は提携会社さんがやるので、うちはサイトの運営。
仲介する会社だけが儲けるんじゃなくて、ゼロテチンタイを通じてお部屋を決めれば、お客さんもQUOカードをゲットできるっていう企画のサイト。
今年はもうちっと他にもサイトを作ってく予定。

おもちゃ病院焼津でボランティアやってます

本日で東日本震災発生からちょうど半年になる。心よりお悔やみを申し上げます。
さて、今日は、おもちゃ病院Yaizuというこどものおもちゃを無料で直すボランティアグループに参加してきた。おもちゃ病院というのは、全国に幾つかあるようだが、焼津のは、清水のおもちゃ病院でやっていた古井さんという方が、2009年にはじめたものらしい。


【おもちゃ病院Yaizu(焼津)について】

開催日:毎月第二日曜日(10:00~15:00)詳しいスケジュールはこちら
場所:焼津市総合福祉会館「ウェルシップやいづ」
URL:http://www.toy-yaizu.org/
原則無料でおもちゃ修理していますので、お気軽にお持ち込ください。


数ヶ月前に、子供のおもちゃを預けた事があって、その存在を知ったのだが、今回は、スタッフとして参加してみた。
おもちゃ病院ロゴ

Read more

藤枝市民大洲温水プール

こども達がプールが好きなので(泳ぐというよりは水遊び感覚かな)、時々、プールに行くのだけど、行くのは大体3箇所で、藤枝にある市民大洲温水プール、焼津ディスカバリーパークの水夢館、あと、チョット遠いけど、川根温泉に付随している温泉付き温水プール。


[大洲温水プールの場所]

住所:静岡県藤枝市善左衛門1-11-1  Google Mapで場所を確認する
営業時間:曜日によって違うのでhttp://www.sp-houtoku.com/ozu/で確認
地図:焼津近辺のその他のプールマップ


 大洲温水プールは大きなスライダーがあり、監視員の方もあんまりうるさくないので、一番良く行く。水夢館は、底上げされているコースがあって、小学生低学年の子が泳ぎの練習をするには良い感じ。でも、少しだけ監視員の方の監視が厳しすぎるかな(こどもが一人で歩いていると注意されちゃう)。川根温泉のプールは、中からSLが走っているのが見えるし、プールの脇には温泉も付いているので、まあ、泳ぐというよりはゆっくりするリゾートプール。そんなわけで、本日も大洲プールに行ってみた。

藤枝市民大洲温水プール1

Read more

寺島河川敷公園(静岡藤枝)で川遊び、鮎釣り

暑い日が続くなーという事で、瀬戸川へ涼みに行ってみた。行った場所は、家から30分程度の静岡藤枝の寺島河川敷公園。高根山から藤枝、焼津を流れ、駿河湾へ注ぐ「瀬戸川」の河川敷にある公園で、多目的広場(野原)、遊具(ザイルクライミング、砂場、ブランコ)などがある。この公園の魅力は、何と言っても河川敷に降りて、川に入って遊ぶことが出来る事。この辺りは浅いところが殆どだけど、深いところや、小さい子供だと足が取られる流れが急なところもあるから、事故が無いように注意。駐車場、トイレ、水場があるので、BBQをやっている人も多い(ゴミは持ち帰ろう)。んー、気持ちいい。

寺島河川敷公園 1


[住所や行き方はこちら]
住所:静岡県藤枝市寺島850-1
Google Map:Google Mapで場所を確認する
車での行き方:1号バイパスの谷稲葉ICから県道32号を北へ5~10分程度
バスでの行き方(藤枝駅):藤枝市の自主運行バス「藤枝駅ゆらく線」に乗り、「稲葉公民館」下車。駅から15分程度。
(※時刻表などはこちらから => http://www.city.fujieda.shizuoka.jp/bus.html


Read more

微博(うぇいぼー):中国版twitterと呼ばれるマイクロブログ

中国では政府方針でtwitterに対するアクセス制限がなされている。制限理由は諸所あるだろうが、面倒だから省く。理由はともかく、twitterが制限された事により、中国では別の類似サービスが普及したという事実が重要だ。中国でウェブプロモーションを行う上ではそれを利用する事が有効になってくる。
中国のtwitterはマイクロブログと呼ばれているのだが、中国語でブログを博客(ぼーくぅ)と言い、微(うぇい:マイクロの意味)とくっ付けて微博客となる。それが省略されて、微博(うぇいぼー)になったようだ。ま、日本でも2007年頃はミニブログって言われたよね、それと同じ。以下、代表的な微博を幾つか紹介してみる。

Read more

オプト”中国”セミナー2011.06.29

本日は東京出張。いや、もう、マジ暑いッすね。週末はどっか山に逃げたい。
午前は投資家さんと歓談(怒られるw)しつつ、午後は中国セミナーで講演とか、打ち合わせとか、何とかかんとか。セミナーは20~30分話して、その後、オプトの海老根取締役と対談。え?なんで、オレと対談?って思ったけど、まあ、それはそれでって事だな。ちなみに、オプトさんにとって初の中国セミナーだったそうで、4月からオプトさんとして、本気で中国をやっていくっていう決意表明の意味も含めているそうだ。かなり気合入ってました。

Read more

人人網(http://renren.com/)株下落に見るアメリカのジレンマ

先月(2011年5月上旬)に上場した中国版Facebookと名高い人人網(RenRen)の株の下落が止まらない。5/4の上場時は14US$であったのが、6/24(金)終値で6.23US$まで下落。わずか2ヶ月で実に50%以上の下落である。
ロイターの関連記事(英語):

http://www.reuters.com/article/2011/06/26/us-markets-stocks-ipos-idUSTRE75O02S20110626

Read more

return top