弊社の強み

 「御社の強みはなんですか?」と聞かれる機会が増えてきました。
 それだけ中国でのオフショア開発が一般化しているという事だと思います。システム関係ではない方にさえ、御社ってどんな事をしてますか?と聞かれた時に、日本向けにオフショアでシステム開発をやっています。日本よりも安い値段でやっているんですよと言うと、大体、分かってもらえます。一般の人にさえ、オフショアビジネスの認知度が上がってきています。
 理由として、インドの成功が大きいのか、中国での製造業の成功が大きいのか、分かりませんが、中国でのオフショアは一般的になってきていると共に、マーケットが成長し始めています。当然、マーケットの拡大の結果、競争が激しくなってきますので、冒頭の「会社の強みは?」に対して正確な答えが必要になっていきます。
 弊社の強みとは何でしょうか?


 そもそもシステム開発における差別化というのは以下のようなものがあると思います。

 (1)技術力
 (2)価格
 (3)品質
 (4)実績
 (5)その他

(1)技術力
 弊社が取り扱っている言語はJava/C#/PHPです。ウェブアプリケーション、業務アプリケーション、携帯アプリケーションの開発を行っています。一通り出来ますが、その中でも特に、Javaを用いたウェブアプリケーションは、他社よりも圧倒的な優位があると自負しています。
(2)価格
 日本のソフトウェア開発会社とは比べものにならないくらいの低価格を実現しています。どういう状況下においても、日本にある開発会社で弊社と同じ値段を出す事は出来ないと思います。しかし、中国国内企業と比べた場合はやや高い設定になっています。特に、内陸にある日本人が居ないような会社と比べると、圧倒的に高いという感じは否めません。ただし、その場合、オフショア開発を行っているわけではありませんので、弊社が差別化する必要はないと思っています。
(3)品質
 弊社は品質を重視しています。特にプロセスの品質を重視しています。仕様書にあるものをそのまま作るのであれば、技術力と会社の体質をしっかり作れば品質の維持は可能です。来年、弊社はCMMレベル4を取得する予定でして、しっかりしたものを作るだけの枠組み作りにも取り組んでいます。
 
 しかし、品質とはそれだけでしょうか?私は違うと思います。きっちりとした開発維持体制を作り、仕様書にないところを読み取る事、これも品質管理の一つではないでしょうか。
 お客様にとってのシステム開発とは、ビジネスに対する投資であり、投資を回収する必要があると思います。そのお手伝いをする事がシステム開発会社の使命だと思っています。従って、安くはないシステム投資に対して、高い投資利回りを提供させて頂く事が、弊社が考えるシステム開発の品質管理です。
(4)実績
 弊社のオフショア開発実績は少なく、短いです。これは否定出来ません。私の知る限り、もっとも長いオフショア開発実績は20年を超えています。もちろん、技術は常に変化しますし、長くやっていればいいという事でもありませんが、きちんとした会社であれば社内にノウハウが蓄積されており、年月から来る実績というのはすばらしいものがあります。
 弊社は新しい開発技術、日本のスタイル、日本での実績を持っていますが、中国オフショア開発としては、わずか4ヶ月程度です。弊社のように実績が少ない会社の場合、勉強させてもらいながらやるケースが多いと思います。また、実績の少なさをカバーする為、積極的に外部からナレッジを取り入れる努力を行う必要があり、弊社ではそれを実践しております。
(5)その他
 オフショア開発の場合、通常のシステム開発以外に業者の選定基準があります。
 ・日本語能力
 ・日本側カスタマー対応
 ・日本ビジネス、文化に対する理解
 ・オフショア開発特有の開発ノウハウ
 等です。やはり、国に依存する問題というのは色々と存在しまして、そこを超える必要があります。既に、インド等に発注された経験がある会社様もあると思いますが、その際、英語で対応されたというケースも多いと思います。
 日本のシステムを開発する際に、英語を使うのは非常に大変だと思いますし、手間だと思います。100%というのは難しいかも知れませんが、日本語で対応する事は非常に重要だと思います。また、日本語というだけでなく、日本のビジネスへの理解、文化への理解というのも大切なファクターだと思います。
 いくら開発コストが下がるとは言え、日本側の管理コストが上昇したら殆ど意味を成しません。
 そのようなところを勘案し、弊社の強みとは、
 (A)Javaを利用したオープンソースのウェブアプリケーション開発
 (B)日本語能力、日本スタイルへの理解
 が他の中国企業と明らかに違う優位点です。
 それでは同じように、上海に位置する日本企業と比べた場合、「強さ」はどこにあるのか?また、インドの企業と比べた場合に何が「優位」なのか?そこについては、別の機会に。

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.

(上記4文字の英数字を入力してください)※

return top