静安寺の桜散る

 「静安寺」という駅が会社の最寄駅で、ここから会社まで毎朝10分程、歩いて行ってる。途中に大きめの公園があって、その横に「桜」が植えてあえてあるのが印象的。
 上海に来た1月、2月頃は、それはもう寒くて、寒くてどうしようもなくって、早く桜が咲く時期にならないかなーと思いながら歩いていました。しかも、その時は寒いだけじゃなくて、雨続きだった事もあって晴れないから、気持ちも晴れない!そんな感じだったんです。
 


 ところが、2月の旧正月を過ぎると、急激に暖かくなっていって、3月に入るとあれっ?そういやちょっと前まで寒かったよなー?てな感じで、とてつもなく寒かった日々を忘れ始めるぐらい暖かくなっていく。3月の最終週にもなると、早くも桜が散り、青々とした葉っぱが出てきてしまう。まだまだ、夜などは寒さが残り、ヨッパラいには辛いものがあるものの、それでも肌寒いぐらい。むしろ、このまま行くと、5月には夏になってしまうんじゃないかと、逆に懸念材料になってくるぐらいだ。
 このスピード感が上海人のスピード感に繋がってるのかも、と思ったりする。ありとあらゆるもの、全て、展開が早い。土地の人の性質、というか土地柄みたいなものは、やはり、気候というのが与える影響は大きいのかな。日本のワビサビというのも、ゆっくりと四季が流れて、一つ一つを楽しめるからこそ、生まれた文化なのかも知れない。
 スピード感の為かどうかは分からないが、従業員が突然辞めたりすることもある。期待している子が辞めたりするのは辛い。現実の仕事に影響があるというのもあるけれど、うちの場合、将来性を期待して雇ってる人も多いので、その成長を見届けないまま直ぐに辞められると残念でならない。中国的なヒューマンマネージメント、その辺りをまだまだ勉強する必要があるね。まあ、ゆっくりやってる程、気も長くないので、とっとと桜を咲かせようっと。直ぐ、散るかもしれないけど、咲かないよりはいいでしょ。
 観光するなら、上海は4月がベスト!!たぶんね。たぶん。秋もいいらしい。しかし、秋はよく知らないんで、とりあえず、今のベストは4月という事で。天気もいいし、温度もちょうどいい。気候的にはベスト。
 

  1. こんにちは!はらけん上海日記のはらけんといいます。
    上海ブロガー"B@SH"(Bloger@Shanghai)の輪を広げるべく、
    上海関係のブログを御訪問・ブックマークさせて頂いております。
    現在200以上のB@SHの輪が出来ました。
    もしリンクに関して不都合がございましたらご連絡下さい。
    今後ともどうぞ宜しくお願いします。

  1. No trackbacks yet.

(上記4文字の英数字を入力してください)※

return top