熱いし、うるさいし、死にそうだ

 今日も、上の階が工事。6時を過ぎると容赦無い工事が始まる。
 どっかん、どっかん。会話にさえ支障をきたすレベル。しかも、何故か夕方になるとクーラーが効かない。熱い。とてつもなく、熱い。


 普段は遅くまでやる皆も今日はちょっと無理という感じで、帰ってしまった。一人、暗くなった静安寺を眺めながら、残業。スーツなんで、尋常じゃない熱さだ。暑いっていうレベルじゃなくて、完全に熱い。
 熱いだけ、または、うるさいだけなら耐えれる。忍耐は強い方だ。でも、両方は無理だ。勘弁して欲しい。でも、工事の人達も仕事だし、日中は音だし工事が禁止されているので、夜まで待って残業して作業をしてくれている。そう考えると、こちらも忍耐が必要かも知れない。
 それにしても、日本人ぐらいじゃないだろうか、連日、残業するのは。中国はもちろん、欧米系の人達も、それ程は残業しない。8時半出社、9時半退社というと、大概驚かれる。でも、日本に居た時は普通だったような気がする。日本の経済が強いのは、この仕事に対する姿勢かなと思ったりする。
 とりあえず、もうヒト踏ん張り。

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.

(上記4文字の英数字を入力してください)※

return top