感傷的なお話

 久しぶりにサザンオールスターズを聞いてみました。
 音というのは、非常に記憶との連携がいいんでしょうね、様々な事が思い出されます。
 サザンは子供の頃から聞いているので、しばらくぶりに聞くと過去の色んな出来事を思い出します。


 「希望の轍」なんかがとても好きでして、よく聞いてました。上海に来て6ヶ月ですが、色んな事が起きてます。うまく行っているようでもあり、うまく行っていないようでもあります。新たな出会いもあり、失ったものもあります。
 いつか、上海を離れた時、こちらでよく聞いている曲を耳にしたり、工事の音を耳にしたりすると、上海を思い出すかも知れません。その時、その思い出がよい思い出になっているか、それとも、辛い思い出になっているのか…
 まあ、良くも悪くも刺激的ですけどね。

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.

(上記4文字の英数字を入力してください)※

return top