上海だー

てなわけで、上海です。飛行機は墜落する事もなく、再び、私を中国に戻してくれました。今回、オフショア案件が幾つか拾えたので、ここ2ヶ月ぐらいは国内案件よりオフショア開発が主体になるかなって感じです。
とりあえず、空港に降り立ったところで、中国気分を満喫する為、空港から路線バスに乗る事にしました。
バス乗り場(空港線二番)に行くと、案内のお姉さんが「JingAnSi?」と聞いてきます。おおっ、中国だ。やっぱり、中国だ、なんて馬鹿な事を思いつつ、スーツケースをバスの下部にある荷物入れに入れます。


 そう、荷物は自分で入れる。これ、中国の常識。先に入っている荷物が邪魔で乗らないので、自分で、整理して頑張ってねじ込む。私のスーツケースが非常に大きいので、荷物入れのドアの閉まりが悪い。ちょっと心配だけど、おねーさんに蹴りを入れてもらってしっかり締めてもらいました。きっと大丈夫でしょうう・・・。
 バスに乗り込む際にチケットを購入。19元(285円)。安い。タクシーだと、約150元。先日、火が出た上海リニアモーターと地下鉄を経由した場合、55元なので、圧倒的に安い。バスが安い、これ、中国の常識。
 バスの中は暗く、既に先客で一杯。乗客率90%以上のようで、20数人が乗車。若者の横に陣取る。夜とは言え、バスから見る風景は非常に見慣れたもので、市内に入るまでは、高速道路のライト、リニアモーターカーの高架、バブリーな高級マンション、田園・・・が続き、市内に入ると一気に高層ビルが入ってくる。上海って都会なんだなって、改めて、思う。
 実際、東京の都会振りとは比較にならないレベルなのだけど、街が放つエネルギーの為か、上海の方が都会に感じる。上海でオフショア開発が成立していられるのは時間の問題かもなって思う。
 静安寺に着いたら、荷物がなくならないように、早々に降ろして、速攻、タクシー。工事渋滞にはまり、自宅まで13元を要したものの無事到着。
 が、早速トラブル発生。
 照明が点かない。まじかよ・・・。どうする?
 落ち着いて見てみると、テレビとかはオッケー。どうやら照明だけ。ブレーカーをチェックすると、照明だけブレーカが落ちてるみたい。あげるが、あがらない。
 家中に照明をチェックすると、洗面台のところがオンになったままに!これをオフにして、ブレーカを上げたら、上がった!ラッキー。どうやら、つけっ放しだったみたい・・・。とりあえず、電気点いてよかった。
 そこはかと上海を感じつつ、26日まで上海で過ごし、27日から日本の予定です。
 

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.

(上記4文字の英数字を入力してください)※

return top