あらかぶの味噌汁

 10/28に旧友(http://www.nhk.or.jp/a-room/ana500/ana/00407.html)の結婚式が地元、長崎であったので、27日から長崎入りしてました。
 28日は結婚式、29日(日)は久々に地元でゆっくりしました。


 昼ぐらいからだらだらと、新三重漁港(http://www.at-nagasaki.jp/nagazine/hakken0205/index1.html)にお出かけして、お魚を物色。
 初めていく。思ったより、お魚の種類が少ない。それでも、きれいで大きな太刀魚(400円)を一尾と巨大なあらかぶ(800円)を一尾もらう。太刀魚は三枚に、あらかぶはぶつ切りに。
 ちなみに、あらかぶ。これは長崎弁でカサゴの事。味噌汁にするとうまい。刺身でもいいらしい。
 その後、外海の遠藤周作記念館の上にある野菜の直売所のようなところに野菜を仕入れに行く。ここからの景色は本当にきれい。崖の上から見た海の景色はシシリア島のそれを彷彿とさせる。
 ここの直売所は、なぜだか、人が多い割りに、いい感じの野菜がなく、母と共に買う気がうせたので、しょうがだけ買って、撤収。母、お気に入りの時津村にて、色々購入。里芋の煮ころがしが食べたくなったので、里芋中心にお買い上げ。
 さて、あらかぶの味噌汁の作り方。
 (1)あらかぶを湯通し(お湯掛けるやり方でオッケー)
 (2)だしを取る(面倒なので、ホンダシで)
 (3)あらかぶを入れて煮込む(ひたすら煮込む)
 (4)アクを取る(こういうのをちゃんとやるとうまいねぇ)
 (5)適当に他の具を入れる(この時は豆腐、大きめがよい)
 (6)味噌を入れて、一度、煮立たせる
 (7)ネギを入れて、出来上がり
 (1)の前に水洗いしとくと魚臭さが減ります。里芋の煮ころがしですが、我が家の場合、結構、色々入れます。さながら、肉じゃが。にんじん、こんにゃく、厚揚げ、ごぼう、あと、お肉。太刀魚の刺身も、美味。よい晩御飯でした。
 あらかぶのお味噌汁はオススメの一品。激ウマで感動します。大きいあらかぶを発見したら、お味噌汁にしましょう。

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.

(上記4文字の英数字を入力してください)※

return top