【実績】チューニング、サーバ移転

 今週は、イマイチ、ブログを書く気になれず、更新を怠りました。今日は疲れているので、全文口語で行きます。
 最近、かなり忙殺気味。ある一定の仕事量を超えると、仕事効率が著しく悪くなるなと感じる。疲れもよくない。深夜3時まで酒飲んで暴れるのもよくない・・・。
 さて、24時間戦えますか?とかなり昔、時任三郎が言ってましたが、システム屋兼営業は48時間戦えますか?って感じです。


 というわけで、先日、徹夜しました。詳しくは、こちら(先に読んで下さい)。
 http://ameblo.jp/jiangbo/entry-10010872975.html
 もう一個、今回の担当者、マッキーブログ。
 http://blog.makino-style.org/item/84
 弊社の顧客でもあり、個人的にもお付き合いをさせて頂いている株式会社UCJのじゃんぼさんの全四話の長編ブログ。
 ブログに書いてある通りで、今回のお仕事は、SIチックでもあり、コンサルチックでもあります。サーバの移転とパフォーマンスチューニング。
 普段はやりません、SIは。弊社のお仕事ではないので。製造にこだわりを持っているので、製造を中心にやってます。
 どうでもいいですが、私は狩猟民族ではなく、農耕民族です。足短いですし。ただ、焼肉は大好き。とくに、ハラミが。
 それにしても、最初にシステムを見せてもらったときは、チューニングはちょっと難しいかなと思ったんですが、現行システムの開発者とミーティングを重ね、システム分析を少ししてみたところ、初歩的なところでの問題が見受けられたので、意外とイケルんじゃない?的なノリでスタートしました。
 今回のチューニングは、まあ、面白かったですね。チューニングって面白印ですよね。昔、ORACLEのチューニングをやった事があるんですが、結果が目に見えるので、かなりゲーム感覚です。あっ、レベルアップした!みたいな。
 まあ、そんな感じですが、実際に担当したマッキーは死亡しました。
 麻雀打ってたとのはホントですが、マッキーとスーテンの実力を信じているので、基本、私が作業する事はないんで、行く必要はあまりなかったんですが、行きました。現場、好きなんで。深夜3時から。ちょうど、麻雀終わったし、インフラの仕事がありそうだったし。
 久々にBINDとPostgreSQLを触りましたよ。PostgreSQLのチューニング用の起動オプションなんて何も覚えてなかったんですけどねー。いやー、しかし、(放置状態だと)恐ろしく負荷が掛かる(というか暴走する)システムで、UPTIMEが80を越えてました。いや、システム人生で初の経験でした。
 しかし、それでもシステムは動くんだなと思って、逆に感心しました。
 それにしても、40時間以上、起きてたのは久しぶりでした(2時間ぐらい落ちましたけどね・・・)。でもまあ、いい経験でした。中国の別のシステム会社の方とお仕事させて頂く機会は少ないので、経験になります。日本では体験出来ないですね。
 結局、翌日1時前ぐらいまでお客さんとこにいたんですが、帰りにメシ食おうと思ったら、店が閉まってるじゃないですか。って、知ってますけど。
 上海は中心部でも東京みたいに、夜、お店やってないんですよね。やってるのは、バーとかキャバクラみたいなとことか、クラブとか。お客さんのオフィスは上海のど真ん中なんですけどねぇ。
 結局、最近、マックが24時間サービスを始めたので、ビックマックを食いました。が、客は、我々しかいなかった。これはダメかもしれんね、24時間営業。東京の人みたいに、何故か人がふらふらしているってのは少ないんですよね。
 今日のブログのまとめとしては、頑張って納品しましたよ、って事です。
 
 サイトはこちら。
 http://www.ucmall.cn
 ちなみに、細かいチューニング方法とかは納品物なので非公開です。

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.

(上記4文字の英数字を入力してください)※

return top