上海の平均給与の遷移(2000年から2010年)

本日は上海の平均給与についてのまとめ。オレがワンジー上海を作ったのは2005年なので、かれこれ、7年目に入った。当社の平均給与の話で言えば、設立当初と比べると、今は2倍以上になっている。ここ数年、中国人スタッフの比率を増やす方向にしているにも関わらずだ。これは当社が異常なわけではなく、上海では年10%程度の給与上昇は平均的な速度と言える。というわけで数値は以下の通り。

上海の平均給与の推移
fig.571-1:上海の平均給与の遷移グラフ(2000年から2010年)

データソース:上海市人力资源和社会保障局
http://www.12333sh.gov.cn/2007sxy/2007news/2007mtsj/200909/t20090924_1089217.shtml
http://www.12333sh.gov.cn/200912333/2009xxgk/zhxx/gfxwj/ldbc/201003/t20100330_1116180.shtml
http://www.12333sh.gov.cn/200912333/2009xxgk/zhxx/gfxwj/ldbc/201103/t20110325_1128784.shtml

平均月収 上昇率 上昇幅
2000 1,285元 9.0% 106元
2001 1,480元 15.2% 195元
2002 1,623元 9.7% 143元
2003 1,847元 13.8% 224元
2004 2,033元 10.1% 186元
2005 2,235元 9.9% 202元
2006 2,464元 10.2% 229元
2007 2,892元 17.4% 428元
2008 3,292元 13.8% 400元
2009 3,566元 8.3% 274元
2010 3,896元 9.3% 330元

fig.571-2:上海の平均給与の遷移表(2000年から2010年)

ワンジー上海の場合、この数値より早い。人材の層が、設立当初の開発(PG)中心から、管理・設計(PM/SE)層になってきているからだ。この上昇速度は、正直、日本人の会社経営の感覚では「は?」という感じだし、特に、給与が原価になる当社のようなソフトウェア開発ベンダーは、原価の上昇を価格に反映せざるを得ない当社としては、お客さんに対して、非常にシンドイ動きをとらざるを得ない。
GDPの伸びに伴い、不動産、CPI、給与全てが速い速度で上昇しているという事実があるという事だ。7年間の体感では数値以上に苦しいものを感じる。これだけの給与上昇があれば、さぞかし、生活がリッチになっているように思えるかも知れないが、現実としては、全てが上がっているので、全員でチキンレースをやっているようなものだ。休まらない。
また、上記の月収は政府に届けられている額であるし、全平均であるに過ぎない。統計に出ない数字、日本企業が採用するホワイトカラー層の実態とは異なっている。優秀な人材を採用したい場合、上記の2倍程度が平均になるようにしなくてはいけないし、成果連動も含めた上昇速度を事業計画に入れる必要がある。
2007年度情報ですが、学歴、年齢別の平均給与は以下を参照。
>>> http://laoban.natec.cn/Entry/376/
あーあと、余談だけど、日本人の皆さんにとって興味があると思うのが、上海のアイさん(家政婦さん)の相場感。まあ、口コミの数字とそんなに違わないと思うけど、上海市政府の相場見解は以下になっている(中国語)。
http://www.12333sh.gov.cn/200912333/2009xxgk/gsgg/201104/t20110418_1129325.shtml

上海在住の日本人の方が頼むのは「全日制家政员」に当たるケースが多いと思うが、高中低に分けると、こんな感じになる。月額は20日想定。
高:100元/日(2,000元/日)※5年以上経験、家政サービス中級ライセンス所有者
中:80元/日(1,600元/日)※3年以上経験、家政サービス就業証所有者
低:50元/日(1,000元/日)※1年以上経験、家政サービス基礎訓練受講者
これに加えて、春節に红包(ボーナス)を出さないといけない。いいなぁと思うアイさんには2000元以上は出さないと辞めちゃうって事だ。ちなみに、浦東と浦西で相場違うっていうイメージを持ってる。浦東の方がちょっと高いんじゃないかなって思う。

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.

(上記4文字の英数字を入力してください)※

return top