Kebabs On The Grille

明けましておめでとうございます。昨年の大晦日(12/31)は自宅から南浦大橋まで走り、11時半頃、自宅に戻ってきました。南浦大橋って大橋って言うだけあって、本当にでかいんだなーと感心しました。
あばよ、2008年。


翌明けて、1月1日は、家族で老碼頭へランチに行きました。最近、新しく出来たスポットだそうで、毎度毎度、嫁が仕入れた情報です。家の裏の黄浦江の渡し舟にのり、復興東路輪渡站で降りて、200m程南に下ったところにあります。
これがまた・・・人が少なく、賑わっておらず、とてつもなく寂しい感じです。はっきり言って、場所が悪すぎると思うんですよ・・・。
老碼頭の場所はここ
うーむと思いながら、レストランを見てまわった結果、お客さんが全くいなくて心配だったんですが、インドレストランのお店(Kebabs On The Grille)が気になったので、ここに入ってみる事にしました。中はシンプルな作りで、装飾は少なめだったものの、清潔かつ上品でとても好きな感じです。
オーナーはインド人、厨房もインド人の人が殆どでした。ウェイター、ウェイトレスさんは中国人の方ですが、英語が非常に堪能な方ですので、中国語が苦手な方も大丈夫。ランチは、単品か、ビュッフェを選べます。ビュッフェは140元/人で、子供は無料にしてくれるという事だったので、今回はビュッフェにしました。ビュッフェはチキンカレー、マトンカレー、ダリカレーなどのカレーシリーズ(ナンは食べ放題)と軽くつまめるスナックっぽいもの(これが非常にうまい!)、デザート(ヨーグルトとか果物)があって、これにドリンクが付きます。ドリンクはコーラ、スプライト、ビール(青島)です。炭酸が飲めないお子さんはどーするんだと軽い突っ込みを入れたところ、オレンジジュースをサービスしてくれました。感謝。感謝。
味は、意外にもと言っては失礼かも知れませんが、これまで食べた上海にあるインド料理屋さんの中では一番ではないかと思いました!本当にうまい。これはびっくりしました。かなり本格的です。すばらしい。上海でカレーを食べたくなったら間違いなく、ここっす。
ちなみに、ここのナンは注文してから本格派インド人(インド人ではないかも知れませんが、あの辺りの顔つきの方々)が本格派カマドで焼いてくれます。厨房が見えるところもなかなかグーです。プレーン、バター、ガーリックなどありますが、なかでもバターナンが超オススメです。ビュッフェとは別にサーブしてくれるチキンとかもかなりオツな味です(食べたことない味ですが、うまかった・・・)。
久々にかなりヒットです。大ヒット。お客さんもインド人らしき人が多く、本格派の味である事が伺えます。
さて、ランチを終えた後、City Shop(城市超市)に寄って、娘の誕生日ケーキの材料を買って帰り、午後はケーキ作りでした。大体、毎年同じイチゴケーキで、デコレーションだけを若干変えます。
サイトで色々調べたところ、デコレーション用のホイップクリーム作る際に、生クリームの一割の量で「お酢」を入れると固まりやすいというレシピを発見し、とりあえず、やってみました。
結果は「確かに!」の一言。ただ、若干、酢の味がするのは否定できないので、出来れば、フルーツ酢とかがいいかも知れないなと思いました。
1/5追加–ケーキ写真
ケーキ

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.

(上記4文字の英数字を入力してください)※

return top