野生動物園

 上海には動物園が二つあります。
 一つは、檻に入った動物が見られる普通の動物園、もう一つが野生動物園。
 日本でいうサファリパークみたいなもんですね。
 野生動物園にはバスのコースと、一般歩行コースがあります。
 (途中、少しだけ残酷な表現があるので、嫌な人は読まないで下さい)
 
 


 歩行コースではパンダとか、金糸候とか、白虎とかが見れます。
 結構、珍しいのも多いですけど、普通といえば、普通。
 一味違うのがバスコース。さすが中国って感じです。
 その事件はトラとライオンゾーンでおこります。
 このゾーンの前のセーフティゾーンまで来ると、運転手が「生きたニワトリ」を一匹50元で買わないかというアナウンスが始まります。
 えさですよ、えさ。ライオンさんのえさに丸ごと一匹のニワトリ。
 近くの乗客とカンパしたり、自分で買ったりします。
 大抵、紐付きなので、首に紐をつけて窓からぶら下げます。
 が、今日は紐がついてないのを渡され、片方の羽を持って、窓から吊るせとの指示。
 
 アブねー、絶対、危ないよ。
 で、バスがゾーンに入ると、大量のライオンさんがえさに向かって虎視眈々と近づいてきます。
 バスもちょっとだけ早いスピードにして、一度に取られないようにしたりしますし、お客さんがなるべく楽しめるように調整してくれます。
 当然、羽を持って、窓から吊るしているわけですから、鳥は自分のちょうど目の前。
 何となく察知して、観念したのか、暴れる事もなく、目をつぶって、ぐったりしてます。
 自分で吊るしておきながら、なんですが、ちょっと可愛そうです。
 でも、自然の摂理と言えば、自然の摂理。
 タイミングを合わせて、軽くジャンプし、大きい口が、目の前にどーんときたかと思うと、一撃でニワトリをさらって行きます。
 でかいですよ、彼らの口は。牙も凄い!
 もし、手がかまれたら、あっという間に手首から先が無くってしまうでしょうね。
 怖えーったりゃありゃしないって話ですよ。
 子供達は軽い恐怖を覚える一方、中国人の大人達は興奮の坩堝。
 バスは様々な絶叫、例えようのない高揚感に包まれていきます。
 
 この動物園に行く途中、滅多に渋滞しない田舎道が渋滞してました。
 原因は、事故。
 トラックにバンが後ろから衝突。
 まあ、よくある話。
 ちょうど、事故直後だったみたいで、血まみれの運転手がうなだれてました。
 生きているのかどうなのか、分からなかったんですが、相当、血が出てました。
 あれだけの状態だと、まず、助からないでしょうね・・・
 
 こういう「生と死」を日常から体験させられる中国に居ると、色々と強くなるなーと思います。

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.

(上記4文字の英数字を入力してください)※

return top