上海美術館が無料開放

上海、大雪です。上海四年目初の大雪です。なんでも、135年ぶりの大雪だそうです。明日には一旦、落ち着きそうですが、明日の東京行きの飛行機が無事飛ぶのか、ちょっと心配です。
雪が降ると気になるのが、春節の交通機関状況ですが、Google Chinaで状況を把握できます。中国でもインターネットで情報を収集していくのが一般的になってきましたね。
上海天気(Google)
これを見る限り、またも、南部の交通機関は麻痺。困ったねー。前回も温家宝総理が駅まで出向いて、国民に直接謝罪したり、雪の中、電力を配送総する配電柱をメンテナンスする作業員の方が死亡した事故が発生した際にも、親族の方を直接、見舞ったりと大変だったようです。政治家ってのも大変ですね。
中国のインターネットでもニュースが流れてます。
http://www.lzbs.com.cn/rb/2008-01/31/content_1376149.htm
http://www.zhdl.net/n58517c7.aspx


これから春節というのに、このような状況に陥ると何かと大変です。中国では大晦日(春節の前の日)の夜に家族や親族で集まって、年夜飯というのを食べる習慣がありますが、今年は、年午飯が流行りそうだという報道がありました。夜に食べると外は寒すぎるし、帰りのタクシーが捕まらないので、今年はランチが流行だそうです。意外なところにも影響が出ています。
さて、タイトルの件。上海美術館が、春節の間(6日~12日)、無料開放するそうです。春節だけではなくて、国が定める休日は無料になるとの事。その他の地域の美術館や博物館も同様の動きのようです。国民の皆さんに、もっと芸術に親しんでもらおうとう企画のようです。いいですね、こういうの。日本もやって欲しいなー。

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.

(上記4文字の英数字を入力してください)※

return top