[豫商会] 上海LOHASセミナー開催!

日本の著名経済アナリスト・藤原直哉先生を上海にお招きし、豫商会主催で最近話題のロハス(LOHAS)をテーマにしたビジネスセミナー「ロハスな生活で見る日本・上海」を10月21日日曜に開催致します!!

ロハス(LOHAS)セミナーチラシ(表)

お知らせ
LOHASで有名な雑誌ソトコトさんが取材に来られることになりました。しかも!!ソトコトさんのご好意で、来場者の皆様全員に『楽活SOTOKOTO』第3号をプレゼント!!太っ腹企画です。


最近では、ロハスをライフスタイルとしてだけではなく、ファッション、ビジネスに展開していこうという動きが出てきており、そういう観点からのお話も展開致します。
本サイトを通じてのお申込に関しては、通常250元のところを150元で販売致します。ふるってご参加下さい。
お申込はこちら


昨年12月にCNNで特集があったEco-Fashionのプログラムの中では、「Green is the new black」と題し、ファッションの先端にもEco-Friendlyなものが取り入れられ始めている事が報道されていました。
CNNニュース:ECO-FASHION
ABOUT.COM:Why is Eco-Fashion So Hot?
ロハス(LOHAS)とは、「Lifestyle Of Health And Sustainability」の略で、「健康的で持続可能なライフスタイル」を意味しています。範囲は広く、省エネや代替エネルギー、オーガニックや自然食品、代替医療、ヨガ、瞑想、エコなライフスタイルなど、さまざまな市場や活動を形成しつつあります。
上海では在住の外国人や、外国から帰国した中国人を中心に、よりロハスな生活をしていく動きが出はじめています。特に食の安全への関心は高まっていて、有機栽培の農産物などが高値でも飛ぶように売れています。
上海のロハスはまだこれからですが、藤原さんをお招きして今後どのような動きになるか、また世界経済の情勢にもからめて、日本人として上海でどう見ていくかを皆さんで一緒にシェアしたいと思っています。
セミナーでは、藤原さんの講演に加え、復旦大学魏全平教授と藤原さんによる、日中間の経済などから見たロハスの将来についての対談や、豫商会のJohn 石井の「あきんどの中国ビジネス」と題した講演により、日系企業の中国でのあり方についても提言していく予定です。
また、スペシャル企画として、東進幼稚園のお子様達に上海に対する絵を描いて頂きました。子供達から見た「上海」とはどのように見えているのかもお楽しみ頂けたらと思います。
詳細な日程やチケットのお申し込みは下記、または、こちらをご覧下さい。

ロハス(LOHAS)セミナーチラシ(裏)

皆様といっしょにロハスを感じてみる楽しい講演会にしたいと張り切っています。ぜひお越しください。会場でお目にかかれますのを楽しみにしております。
上海豫商会
Andy Wang
John 石井
               記
講演会:「ロハスな生活で見る日本・上海」
日時:2007年10月21日(日曜)14:00-16:30 (13:30より受付開始)
場所:上海新世界Raddison麗笙酒店2F(南京東路・人民広場北)
チケット代金:250元 ⇒ 特別価格!150元
(定員数を越えた時点で販売終了)
チケット予約: 電話 13816502945 (林さん)
         FAX  021-3304-1191
         Mail lin@nttdocomo.com.cn
          小職宛てにご連絡頂いても大丈夫です!
Time Table
 14:00-14:05 本日の講演会について(Andy Wang)
 14:10-14:25 「あきんどの中国ビジネス」
         (講演者)NTTドコモ上海代表処 John 石井氏
 14:30-15:30 「ロハスな生活で見る日本・上海」
         (講演者) シンクタンク藤原事務所代表取締役 藤原直哉氏
 15:30-15:40 休憩
 15:40-16:10 「中日ロハス対談」(藤原氏と復旦大学・魏全平教授)
 16:10-16:30 質疑応答
講演者プロフィール(敬称略)
藤原直哉(ふじわら なおや)
 東京大学経済学部卒業後、住友電気工業、ソロモンブラザーズ・アジア証券会社などを経て、シンクタンク藤原事務所所長。独立系シンクタンクとして経済、政治、国際情勢、組織のリーダーシップに関する独自の分析を行っているほか、コンピュータ、統計に関する専門家を擁し、個別・専門的な分析やコンサルティング、社内教育、講演、執筆活動を行っている。近著に「ロハスでよみがえる日本再生プログラム(万来舎)」「世界同時バブル崩壊(あ・うん)」がある。
 http://www.fujiwaraoffice.co.jp/
魏全平(ぎ ぜんへい)
 復旦大学日本研究中心副教授。日本循環経済など、日本経済に関する書籍を多数執筆している、中国における日本経済学に関する研究の第一人者。日本国際交流基金などから研究費を得て、国際交流などの研究に従事した経験を持つ。現在は日本の財政改革なども主題とした研究を行っている。
http://www.jsc.fudan.edu.cn/viewprofile.php?id=458
John 石井(石井良宗)
 NTTドコモ上海事務所首席代表。麗澤(れいたく)大学中国語学科卒、米国サンダーバード大学院MBA。1984年から2年間北京の日本大使館に勤務。その後西武百貨店、第一興商で中国や東アジア各国でのマーケティング・セールスに従事。現在は中国ベンチャー企業投資や、投資先企業の経営、講演、執筆活動を行う。2005年から上海駐在。
http://news.searchina.ne.jp/topic/x761.html

  1. 初めてブログを拝見させて頂きました。
    私も上海のサーバー業者様と取引がありますので時々そちらに行きます。
    多分、中国では価値観の相違から多くの困難もあると思いますが未来のアジアの発展の為に頑張って下さい。
    これからも時々、ブログにお邪魔いたします。何卒、宜しくお願いいたします。

    • Andy
    • 10/22. 2007 10:45pm

    民野さん>
    コメントありがとうございます。恐縮です。
    価値観の違いは大した事ではないので、すぐに慣れます。日本人同士、中国人同士でも価値観は異なりますから。価値観は違って当然です。だから、楽しくもあるし、人間としての意味があるってもんです。
    人間はロボットではないので、価値観が同じ人間と居ても、楽しくはないです。極度に効率化された社会だとは思いますが。
    今度、こちらに来られる際には是非、オフィスによって下さい。

  1. No trackbacks yet.

(上記4文字の英数字を入力してください)※

return top