中国オフショア開発を行う目的-やっぱりコストでしょう-

オフショア開発、特に中国でソフトウェア開発を行おうとされている企業の場合、コストの削減が最大の目的になっているのではないでしょうか。技術力の高さを求めるというケースもあろうかと思いますが、ソフトウェアの開発の技術力で言えば、インド、韓国の方が先を行っているかも知れません(感覚的なところです、正しくないかも知れません)
 コスト削減というテーマになった場合、中国でのオフショアはかなりいいオプションだと思います。日本から見た場合、海外オフショアの出し先の候補は、中国、韓国、インドになると思いますが、コストという点を見た場合、中国がもっともいいと思います。確かに、上海のエンジニアの給与は高騰しています。少々出来るエンジニアの場合、5,000元(≒65,000日本円)程度になってきます。上海の平均賃金が17XX元程度なので、平均賃金の3倍程度です。日本での業務経験が豊富な方だと、1万元(13万日本円)程度は行きます。それでも、日本のエンジニアと比較したら、安いと言えるかも知れませんが、どうでしょうか。

Read more

今日の中国語 -2005/03/19-

中国上海で仕事をしていくには、やはり、中国語はしゃべれないといけないという事で、週二回、一回辺り2時間半、学校に行ってます。私の先生は何(He)さんと言って、教えるのがとてもうまい人で、マンツーマンで教えてもらってます。
今日のポイントは、
…請+人+V…
 …給+人+N…
 …借+人+N…
などで、人にお願いをする時に使う言葉を習ってみました。とりあえず、コピーを取ってぐらい、今度使ってみようかと思います。非常に混乱するのが、「借(JIE)」でして、借りるも、貸すも同じだそうです。
それにしても、発音が未だにうまくありません。ずっと中国にいるおかげで、少しヒアリングが出来るようにはなってきましたが、発音はまだまだ。もっと練習しないとだめですね。会社では英語を使ってて、殆ど中国語を使ってないです。朝来た時に「早(Zao)」って言ってるだけな気がします。

使ってみましたSkypeOut -オフショアの通信費削減-

すごい便利です。日本の携帯電話に掛けてみました。ヘッドセットが手元になかったので、ノートパソコンに内蔵しているやつで試した為、音がどうしても途切れちゃったり、エコーが掛かったりしたんですが、音質は申し分ありません。と、個人的には思いました。次回はヘッドセットを付けて試してみようと思います。
通話料も0.125ユーロ/分(17.5円/分)。固定電話だったら、0.019ユーロ/分(2.66円/分)。とっても格安。
オフショア開発の時に、一つ気になるのが国際電話の通話料だったりします。メールだけじゃなく、口頭でのコミュニケーションも重要です。Skype同士だったら、通話料も0になるので、会社としての負担はすごく楽になります。SkypeOutで固定電話に一時間電話しても、150円かそこらなので、かなりいいです。
どんどん、インターネットの技術が進化していくと、私のように国境を越えて仕事をする人にとっては有利になって行きます。オフショアのシステム開発の場合、優秀な人を雇用出来るところであれば、オフィスや、人件費がもっとも安いところでやればいいわけです。もちろん、理論的には、ですが。
まあ、本当に難しいのは、営業だったり、債権回収だったりするわけですけど…
Skype:http://www.skype.com/

オフショア開発のマーケット

 オフショア開発というと一般的にはインドが有名で、インドのソフトウェア輸出高は100億ドルにも上るそうです。輸出先の国家比率はアメリカがトップで68%、ヨーロッパが21%、日本はわずか2%に過ぎません(2002年)。アメリカでは単なる開発だけでなく、ビジネス面でのオフショアも進めて、コスト効率の向上に努めているようです。その一方で、なぜ、日本では広く普及しないのでしょうか?よく聞く理由としては、

1)カルチャーの壁
2)言語の壁
3)心理的な壁

Read more

ウェブクルーiTech(上海)会社設立

上海に来て2ヶ月が経ちました。あっという間でした。大分、落ち着いて来たので、ずっと始めたいと思っていたBlogを始めて見ることにしました。
上海という街はエネルギーの強さ、ビジネスチャンスの多さと、事業家にとっては非常に魅力的な街だなと思います。私が上海に来たのは、会社を設立し、この強い流れにのって、楽しみたいと思ったからです。人生において、チャンスは少ないので、ここだと思った時に勝負をし損ねると、やってみて失敗するより遥かに後悔します。まあ、直感的にチャンスだと思った時はやっぱりチャンスで、難しいけどうまく行く事が多い。そう信じてます。
兎も角も、先日、ようやく会社が設立しました。本日、資本金の投入も完了し、いよいよスタートという感じになってきた。正直、感慨深い。
ニュースリリース

http://www.webcrew.co.jp/news/pdf/050315_wcsh.pdf

明日から、中国オフショア開発について色々書いてみようと思います。

オフショア開発カテゴリ目次

【第61回】中国オフショア開発二年間の総括とこれから(2007/1/20)
【第60回】オフショア開発における品質管理 2(2006/10/19)
【第59回】オフショア開発における品質管理 1(2006/10/17)
【第58回】オフショア開発の中国人人材の活用ノウハウ(2006/6/27)
【第57回】採用面接(2006/3/24)
【第56回】オフショア開発における評価制度 -評価面談-(2006/3/21)
【第55回】思ったより品質が伸びない理由(2006/2/21)
【第54回】オフショア開発にペアプロを(2006/2/17)
【第53回】システムは道具であるという罠(2006/2/15)
【第52回】[記事] オフショア開発が失敗する要因(2006/2/10)
【第51回】カンバン方式なオフショア開発プロジェクト管理(2006/2/7)
【第50回】中国の仕事始め(2006/2/5)

Read more

  • Comments Off

ワンジーテクノロジーズの基本情報

[ワンジーテクノロジーズ株式会社]
住所:〒425-0027
静岡県焼津市栄町1丁目6-13 栄町キノシタビル3階
TEL: 054-629-0999 FAX: 054-629-0991
代表取締役:眞崎英彦
資本金:5,000 万円 (資本準備金 3,839.5万円)
設立年月:2007年11月20日
業務内容:ウェブインテグレーション事業 / システムインテグレーション事業 / EC支援事業
許認可番号:特22-301221
[网纪信息技术(上海)有限公司(ワンジーテクノロジーズ(上海)有限公司)]
住所:〒200063
上海市光復西路1107号 蘇河匯407室 
 TEL: +86-21-6082-5671 FAX:+86-21-6082-5673
資本金:72.5万USドル
設立年月:2005年2月
業務内容:ウェブインテグレーション事業 / システムインテグレーション事業 / EC支援事業
ワンジー上海の外見:
ワンジー概要
その他、詳細は以下よりご確認ください。
http://www.wangji.jp/aboutus/

  • Comments Off

メディア関係

 メディア関係まとめました。

Read more

お問い合わせページ

下記のフォームからご入力下さい。なお、メールアドレスのお間違えがないようにご注意頂けますようお願い申し上げます。

お名前※
メールアドレス※
お問い合わせ内容※

twitterテスト


  • Comments Off

return top