Archive for the ‘ 静岡案内 ’ Category

静岡日本酒蔵めぐり「杉錦」

 先日、いつもの狸の穴のウォーキングメンバーで杉錦の蔵を見学させてもらった。杉錦は社長が杜氏を兼ねる蔵元で、静岡ではよく見られる形だ。平成11年度までは南部杜氏を招いて酒造りをやっていたようなのだが、お酒造りの多角化などの経営的な面、自由でこだわりの酒造りなどを目指し、平成12年度から社長が手探りで酒造りをやってきている。場所はJR東海道「藤枝駅」北口から歩いて5-10分程度のところにあり、古い煙突(現在使われていないようですが)がランドマークとなっている。歴史は古く、1842年から続く蔵で、日本酒だけではなく、みりん、焼酎なども造っている。みりんは普通のものより少し(いや、大分)高い値段の高級なみりん(飛鳥山)で、甘みとコクが通常のみりんとは比べ物にならない。

天保十三年の看板

天保十三年の看板

Read more

雨の中、静岡マラソン2014完走〜〜

あいにくの雨だったけど、「静岡マラソン2014」に参加、無事完走出来た。自身としては、昨年の大井川マラソンに続き、2回目のフルマラソンで、タイムは4時間37分、良かった〜!記念すべき「第一回」と言う事だったのだけど、駿府マラソンの衣替えという事で、全くの第一回という事でもないみたい。リニューアルに伴い、去年まではハーフまでしかなかったのが、今年からはフルが設定されたようだ。

コースは、おおまかに、駿府城公園をスタートとして、市内をぐるっと周った後、安倍川沿いを下って、150号のイチゴロードに出て、北上してゴールの清水駅を目指す。後半に出てくる清水市内でのアップダウンには心が折れそうになるが、それ以外は平坦なコースで走りやすい。晴れていれば、イチゴロードの海外沿いは大変眺めがよく、駿河湾とその先の追い風となって走りやすく、コースのメイン部分となるのだろうが、今年はあいにくの雨で逆風だった為、走りにくかった。

静岡マラソン2014_01

Read more

地元焼津の酒友 磯自慢 がうまい

 「焼津」の自慢のお酒「磯自慢」。マグロ・カツヲの焼津港とサバの小川港の間にある蔵元だ。品評会に出れば、常に上位に顔を出す銘酒の一つだ。そんな磯自慢の知名度が飛躍的に上がったのは、2008年7月7日に行われた北海道洞爺湖サミットの福田首相主催の初日の夕食会で「磯自慢 中取り純米大吟醸35」が、乾杯用のお酒として採用された時だ。静岡のお酒としては快挙だった。


[磯自慢 蔵元の場所]

住所:静岡県焼津市鰯ケ島307
地図:Google Mapで場所を確認する
小売部営業時間:10:00~16:30(休業日は日・月曜、祝日)土曜日は休む事あり
ホームページ:http://www.isojiman-sake.jp/jp/(音楽がなるので注意。ほんと、こういう作りはやめて欲しい)


磯自慢_別撰_表(2012)

磯自慢_別撰_表(2012)

磯自慢_別撰_裏(2013)

磯自慢_別撰_裏(2013)

Read more

湯日川親水公園 で水遊び

 カニ釣り名人に連れられて、榛原郡吉田町に 湯日川親水公園 (ゆいがわしんすいこうえん)に遊びに行ってきた。吉田町の公園というと、大井川の河口にある静岡県営の吉田公園という非常に大きな公園が有名だけど、そこから車で3分程で着く、湯日川親水公園 も小さいながらも魅力のある公園だ。

[住所や行き方はこちら]
住所:榛原郡吉田町住吉3982-1
Google Map:Google地図で場所を確認

湯日川親水公園 16時半ぐらいになると川から水が入ってくる

16時半ぐらいになると川から水が入ってくるので注意

Read more

第6回「親子で大谷崩れの森づくり」植樹イベントに参加(後編)

⇐前編はこちら

2.カミネッコンを作成し、木札記入など、植樹準備

カミネッコン組み立て中

カミネッコン組み立て中

□ カミネッコン作成

国土交通省の方の説明が終わると、いよいよ、植樹の開始だ。まずは、カミネッコンという再生紙ダンボールから作られた紙枠型を組み立てる。組み立てると六角形の鉢植えみたいなものになる。この中に培養土と苗木を入れて、植えるのだ。カミネッコン組立は、やり方が分かれば、小学生でも難なく組み立てられる。

カミネッコン新聞紙入り

カミネッコン新聞紙入り

カミネッコンの壁部に隙間があって、そこにたっぷり水を浸した新聞紙を入れておく事で、苗木にしっかりと水を与える事が出来るそうだ。この辺りの土地は石が非常に多い為、水が溜まりにくいという問題がある。こうやって、苗木の周りに新聞紙があると、雨が降った時に、紙に染みこんでいくので、こういう地質の場所でも、ゆっくりと水を与える事が出来る。 カミネッコンとか初めて見たのだが、本当に日本人は色々と開発・発明してくれる方が大勢いらしゃる。

Read more

第6回「親子で大谷崩れの森づくり」植樹イベントに参加(前編)

5/25に開催された「第6回 親子で大谷崩れの森づくり」植樹イベントに参加してきた。この大谷(おおや)崩れの植樹イベントは、梅ヶ島のホームページで知ったのだが、私自身が植樹の経験がなかったのでやってみたかった事、つい先日、大谷崩れの辺りを登って愛着があった事、子どもたちにも自然の脅威というのを知ってほしいと思った事などがあって、参加してみる事にした。

お知らせページ:http://umegashima.jp/info/post.html?d=100

主催は「いのちの森づくり静岡少年団を支援する会」というNPO法人で、国土交通省の方を始め、地元の森林組合、建設会社など、その他多くのボランティアの方が運営に参加されていた。

20130525_植樹_pic1

Read more

おもちゃ病院焼津でボランティアやってます

本日で東日本震災発生からちょうど半年になる。心よりお悔やみを申し上げます。
さて、今日は、おもちゃ病院Yaizuというこどものおもちゃを無料で直すボランティアグループに参加してきた。おもちゃ病院というのは、全国に幾つかあるようだが、焼津のは、清水のおもちゃ病院でやっていた古井さんという方が、2009年にはじめたものらしい。


【おもちゃ病院Yaizu(焼津)について】

開催日:毎月第二日曜日(10:00~15:00)詳しいスケジュールはこちら
場所:焼津市総合福祉会館「ウェルシップやいづ」
URL:http://www.toy-yaizu.org/
原則無料でおもちゃ修理していますので、お気軽にお持ち込ください。


数ヶ月前に、子供のおもちゃを預けた事があって、その存在を知ったのだが、今回は、スタッフとして参加してみた。
おもちゃ病院ロゴ

Read more

藤枝市民大洲温水プール

こども達がプールが好きなので(泳ぐというよりは水遊び感覚かな)、時々、プールに行くのだけど、行くのは大体3箇所で、藤枝にある市民大洲温水プール、焼津ディスカバリーパークの水夢館、あと、チョット遠いけど、川根温泉に付随している温泉付き温水プール。


[大洲温水プールの場所]

住所:静岡県藤枝市善左衛門1-11-1  Google Mapで場所を確認する
営業時間:曜日によって違うのでhttp://www.sp-houtoku.com/ozu/で確認
地図:焼津近辺のその他のプールマップ


 大洲温水プールは大きなスライダーがあり、監視員の方もあんまりうるさくないので、一番良く行く。水夢館は、底上げされているコースがあって、小学生低学年の子が泳ぎの練習をするには良い感じ。でも、少しだけ監視員の方の監視が厳しすぎるかな(こどもが一人で歩いていると注意されちゃう)。川根温泉のプールは、中からSLが走っているのが見えるし、プールの脇には温泉も付いているので、まあ、泳ぐというよりはゆっくりするリゾートプール。そんなわけで、本日も大洲プールに行ってみた。

藤枝市民大洲温水プール1

Read more

寺島河川敷公園(静岡藤枝)で川遊び、鮎釣り

暑い日が続くなーという事で、瀬戸川へ涼みに行ってみた。行った場所は、家から30分程度の静岡藤枝の寺島河川敷公園。高根山から藤枝、焼津を流れ、駿河湾へ注ぐ「瀬戸川」の河川敷にある公園で、多目的広場(野原)、遊具(ザイルクライミング、砂場、ブランコ)などがある。この公園の魅力は、何と言っても河川敷に降りて、川に入って遊ぶことが出来る事。この辺りは浅いところが殆どだけど、深いところや、小さい子供だと足が取られる流れが急なところもあるから、事故が無いように注意。駐車場、トイレ、水場があるので、BBQをやっている人も多い(ゴミは持ち帰ろう)。んー、気持ちいい。

寺島河川敷公園 1


[住所や行き方はこちら]
住所:静岡県藤枝市寺島850-1
Google Map:Google Mapで場所を確認する
車での行き方:1号バイパスの谷稲葉ICから県道32号を北へ5~10分程度
バスでの行き方(藤枝駅):藤枝市の自主運行バス「藤枝駅ゆらく線」に乗り、「稲葉公民館」下車。駅から15分程度。
(※時刻表などはこちらから => http://www.city.fujieda.shizuoka.jp/bus.html


Read more

中田島砂丘を見て感動してみた

浜松科学館の後、遠州灘海浜公園に行ってみたのだが、近くまで行ってみると、海の方に砂丘があるって事だったので、遠州灘海浜公園の駐車場に車を止め、行ってみる事にした。嫁さんと、「ところで、砂丘って何だ??砂浜とは違うのか?砂丘って言うぐらいだから、丘なんじゃないか」っていう恥ずかしいレベルの話をしながら、砂丘に向かった。正直、この年まで、砂丘ってのを見た事がなかったのだ。
入り口のっけから絶景。これが、砂丘なのかー。すんげぇー!
中田島砂丘1

Read more

return top