榊原温泉(三重)

 ニッポンの温泉はいいですね、こう見えても、結構な温泉好きでして、時間があれば温泉に出かけてます。と言っても日帰りが多いし、あんまり日本にいないので・・・。オフショア開発の営業に日本に来ても、それほど、まとまった時間は取れないですからね・・・。

 年末の30日、久々に時間が出来たので、思い切って泊まって来ました。場所は三重の榊原温泉。


 知ってます?榊原温泉。行く前日まで、私も知りませんでした。滋賀の大津温泉か兵庫の城崎温泉に行こうと思ってたんですが、お義母様のオススメで29日の夜に突如榊原温泉に行くことにしました。

 泊まったホテルは湯元榊原館。

 http://www.yumoto-sakaki.co.jp

 前日の夜11時頃、電話してみたら旧館(築50年)なら空いてますよとの事。この際、どんな部屋でもいいので、それを取ってもらいました。大人一人、幼児二人という怪しい人数。

 大阪鶴橋から近鉄大阪線特急で1時間10分で榊原温泉口に到着します。大阪からだと意外にアクセスがいい場所。電車に乗る直前に上の子を見失い、プラットフォームで迷子になってしまって足止めくらいましたが、無事、見つかってよかった。幼児二人は結構、辛い、目が付いていかない。

 特急は一時間一本しかないので、駅で一時間待ち・・・。まあ、しょうがないね・・・。

 榊原温泉口からは旅館まで向かえのバス(毎時15分)が来ているので、それに乗って、5分ぐらいで宿に到着。交通至極便利。

 築50年というのでどんなもんかと思いましたが、まあ、トイレが古い事を除けば、特に問題なし。雅と言えなくもなし。窓からは川と山里が見えます。

 さて、お風呂。お風呂は二つ。1階の「まろみの湯」と6階の「天つ木の湯」です。6階は展望露天風呂になっており、人も少なく絶景です。かなりオススメのお風呂ですね。1階も悪くはないのだけれども、日帰り客でごった返してるのでちょっと大変です。早朝の朝風呂とかは人も少なくていいですよ。

 ただし、源泉の掛け流しは「まろみの湯」の方にしかありません。というのも源泉の温度が30度強という感じで、露天で入るには温度が低すぎるんですよね。

 源泉は非常に強い温泉なので皮膚が弱い人は長時間入らない方がいいかも知れないです。香りも強い。

 食事は山の魚、三重のお肉(コースによっては松坂牛らしい)と盛りだくさん。旅館のお食事ってどうしてこうも多いんですかね?とても食べきれる量じゃないですね・・・。

 よい温泉宿ってたいてい食事が駄目なんですが、ここはおいしかったですね。温泉と食事のバランスがよい温泉宿でした。

 こうやって温泉につからせて頂けるのも皆様のおかげでございます。本年もよろしくお願い申し上げまする。

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.

(上記4文字の英数字を入力してください)※

return top