Archive for the ‘ 焼津と志太 ’ Category

近所の子どもたちと農業体験ツアー(2014年4月26日) 〜タケノコと新じゃが〜

自分で農業を始めたら、積極的にやっていきたいと考えているのが農業体験ツアー、グリーン・ツーリズムだ。今日は、タケノコのシーズンという事もあり、祐次さんのご厚意で、裏山でのタケノコ採りとちょうど収穫時期になった新じゃがいも(メークイーン)も掘らせてもらった。

dongri_tour_20140426_02

Read more

志太泉を狸の穴ウォーキングクラブで蔵見学

 2014年1月19日、静岡地酒が呑める日本酒Bar「狸の穴」のウォーキングクラブで、志太泉の蔵見学に行ってきた。志太泉は藤枝市瀬戸谷にある、明治15年に開かれた蔵で、130年を超える歴史がある静岡では古い蔵の一つだ。今回は、ただののんべぇの集まりではなく、ウォーキングクラブなので、藤枝駅から約8kmの道程を歩いて蔵に向かった。藤枝駅に9:30集合で、途中までは車通りを歩き、途中からは瀬戸川沿いを歩いていく。幸い、天候に恵まれたので、快調に歩き、約2時間ほど、11時半少し回った辺りでの到着となった。

志太泉蔵見学 狸の穴

志太泉蔵の横を流れる瀬戸川

志太泉蔵の横を流れる瀬戸川

 歴史を感じる佇まいの外見の蔵の中で待っていてくれたのは望月社長自身だった。我々が到着すると、まずは、お茶を振る舞ってくれた。無料の蔵見学で押し掛けてきたにも関わらず、歩いてきた労をねぎらう言葉を掛けるその人柄に感銘を覚える。

樽

 まずは、日本酒の「血」とも言える仕込みの水を汲み上げる瀬戸川について説明してくれた。日本酒に適した水がある事が何よりも重要だという事だ。その後、洗米や発酵など、丁寧な説明をお伺いしつつ、こちらの都合で限られた時間であったが、蔵の中を見させて頂いた。発酵樽では、仕込まれたとても良いお酒の香が漂っていて、非常に幸せな気持ちになる。

 現在の志太泉の杜氏は能登杜氏「西原光志」氏で、年は若く、40歳前後だと聞く。現磯自慢の杜氏で、過去、志太泉でも杜氏をしていた「多田信夫」氏のように、志太泉の杜氏は、これまで、南部杜氏で酒造りをしてきた(更に前は志太杜氏の時代もあったようだ)のだが、平成21年から能登杜氏の西原氏となっている。西原氏は若手の能登杜氏の中では大変注目されている人物で、喜楽長の「天保正一」氏の元で修行し、能登杜氏となった。その後、藤枝市岡部にある初亀に入って、「滝上秀三」氏の最後の酒造りを手伝い、引き継いで、少しの間だけだが、初亀の杜氏となった。

杜氏

杜氏

 蔵の努力、西原氏の尽力もあって、近年評価が高まってきている志太泉であるが、この蔵が特に評価を受けているのが「普通酒」であり、昨年(平成24年)の「能登杜氏自醸清酒品評会 普通酒の部」で1位に輝いている。もちろん、各種吟醸も美味しいのだが、廉価な普通酒であっても手間を掛けた製法で作っている姿勢に感銘を覚える。採算を度外視しているという事はないだろうが、蔵の伝統と現社長の思い、作り手である杜氏の方向性が一致して初めて出来る事だろうと思われる。

 近年、市場で評価される酒は、「超辛口」「すっきり」「フルーティー」である。単体で、一杯だけ呑むならそれもいいと思うが、毎日、食卓に上がり、食しながら呑むお酒としては、料理に負けず、融和するお酒である必要があると思う。また、何を食べるかに合わせて、呑む酒が選ばれる事も必要だと思う。

 さて、見学後は、試飲させてもらい、酔いが回った事もあって、コミュニティバスで藤枝駅まで戻った。志太泉のすぐ近くにバス停があって大変便利だ(地方なので、本数はかなり少ないが・・・)。藤枝駅で予め予約していた「かわかつ」でランチを頂きながら、更に日本酒を頂く。

蕎麦 かわかつ

蕎麦 かわかつ

 このかわかつさんは蕎麦のレベルが高いと言われる志太地区においてなお、抜きん出ている美味しいお蕎麦と、しゃも料理が楽しめるお店だ。日本酒も杉錦、志太泉を中心に置いてあって、「静岡DEはしご酒 in 藤枝」でのイベントにも参加していた。前回のはしご酒の時には、杉錦6代目当主の「杉井均乃介」さんが居た事もあり、杉錦推しのようだ。均乃介さんは社長兼杜氏で、山廃にこだわる個性ある方なので、今度はこちらにも蔵見学に行ってみたいと思う。

花沢の里 〜 満観峰 〜 日本坂峠 ハイキング

 焼津でハイキングというと、焼津の雄、高草山が最初に思い浮かぶ。標高501mの低山で登りやすい山なので、ファミリーでゆっくり楽しめる山だ。その高草山と連峰をなしている「満観峰」という山がある。焼津側からは奥まっており、静岡市に位置する為、高草山より知名度が劣るのだが、満観峰の山頂はその名前に劣らない素晴らしいパノラマで、非常に見応えがある。

満観峰から富士山

 そんな満観峰であるが、私のオススメルートは、花沢の里から鞍掛峠、満観峰、日本坂峠を経て、花沢の里に戻ってくるという周回コースだ。ファミリーでワイワイ登るとすると、休憩を含めて5時間程度は必要かも知れないが、急坂が少なく、比較的楽に歩ける道だと思う。小学校低学年の子にはちょっと厳しいので、満観峰から鞍掛峠に戻るピストンでもいいと思う。

Read more

地元焼津の酒友 磯自慢 がうまい

 「焼津」の自慢のお酒「磯自慢」。マグロ・カツヲの焼津港とサバの小川港の間にある蔵元だ。品評会に出れば、常に上位に顔を出す銘酒の一つだ。そんな磯自慢の知名度が飛躍的に上がったのは、2008年7月7日に行われた北海道洞爺湖サミットの福田首相主催の初日の夕食会で「磯自慢 中取り純米大吟醸35」が、乾杯用のお酒として採用された時だ。静岡のお酒としては快挙だった。


[磯自慢 蔵元の場所]

住所:静岡県焼津市鰯ケ島307
地図:Google Mapで場所を確認する
小売部営業時間:10:00~16:30(休業日は日・月曜、祝日)土曜日は休む事あり
ホームページ:http://www.isojiman-sake.jp/jp/(音楽がなるので注意。ほんと、こういう作りはやめて欲しい)


磯自慢_別撰_表(2012)

磯自慢_別撰_表(2012)

磯自慢_別撰_裏(2013)

磯自慢_別撰_裏(2013)

Read more

オオキンケイギクとカワラナデシコ

5−7月頃になると、日本の河川沿いの土手に黄色い花、オオキンケイギクの群生をよく見かける。私が住んでいる焼津も例外ではなく、瀬戸川沿いをジョギングしていると、ちらほらとみられる。非常にきれいな花なのだが、環境省から特定外来生物と指定されており、除去されつつあるというのが現状のようだ。

瀬戸川のオオキンケイギク
-焼津瀬戸川下流に咲くオオキンケイギク(焼津市役所に連絡したところ、丁寧にご対応頂きました)-

 

オオキンケイギクが定着したのは、明治時代の1880年代頃で、観賞用として日本に入ってきた。北アメリカ原産の多年草で、乾燥した中でも育つ、非常に強い植物であり、その特性と花の美しさから、近年まで河川敷や法面の緑化に使われきた。しかしながら、その強さの為に、日本固有の生態系に重大な影響を与える可能性があるという事で特定外来生物に指定されたようだ。具体的な例としては、カワラナデシコなどが影響を受けているようだ。カワラナデシコは環境の変化に弱く、周りにオオキンケイギクなど高さがある花草が出来ると、陽当りが悪くなり、生育出来なくなるようだ。

Read more

おもちゃ病院焼津でボランティアやってます

本日で東日本震災発生からちょうど半年になる。心よりお悔やみを申し上げます。
さて、今日は、おもちゃ病院Yaizuというこどものおもちゃを無料で直すボランティアグループに参加してきた。おもちゃ病院というのは、全国に幾つかあるようだが、焼津のは、清水のおもちゃ病院でやっていた古井さんという方が、2009年にはじめたものらしい。


【おもちゃ病院Yaizu(焼津)について】

開催日:毎月第二日曜日(10:00~15:00)詳しいスケジュールはこちら
場所:焼津市総合福祉会館「ウェルシップやいづ」
URL:http://www.toy-yaizu.org/
原則無料でおもちゃ修理していますので、お気軽にお持ち込ください。


数ヶ月前に、子供のおもちゃを預けた事があって、その存在を知ったのだが、今回は、スタッフとして参加してみた。
おもちゃ病院ロゴ

Read more

藤枝市民大洲温水プール

こども達がプールが好きなので(泳ぐというよりは水遊び感覚かな)、時々、プールに行くのだけど、行くのは大体3箇所で、藤枝にある市民大洲温水プール、焼津ディスカバリーパークの水夢館、あと、チョット遠いけど、川根温泉に付随している温泉付き温水プール。


[大洲温水プールの場所]

住所:静岡県藤枝市善左衛門1-11-1  Google Mapで場所を確認する
営業時間:曜日によって違うのでhttp://www.sp-houtoku.com/ozu/で確認
地図:焼津近辺のその他のプールマップ


 大洲温水プールは大きなスライダーがあり、監視員の方もあんまりうるさくないので、一番良く行く。水夢館は、底上げされているコースがあって、小学生低学年の子が泳ぎの練習をするには良い感じ。でも、少しだけ監視員の方の監視が厳しすぎるかな(こどもが一人で歩いていると注意されちゃう)。川根温泉のプールは、中からSLが走っているのが見えるし、プールの脇には温泉も付いているので、まあ、泳ぐというよりはゆっくりするリゾートプール。そんなわけで、本日も大洲プールに行ってみた。

藤枝市民大洲温水プール1

Read more

寺島河川敷公園(静岡藤枝)で川遊び、鮎釣り

暑い日が続くなーという事で、瀬戸川へ涼みに行ってみた。行った場所は、家から30分程度の静岡藤枝の寺島河川敷公園。高根山から藤枝、焼津を流れ、駿河湾へ注ぐ「瀬戸川」の河川敷にある公園で、多目的広場(野原)、遊具(ザイルクライミング、砂場、ブランコ)などがある。この公園の魅力は、何と言っても河川敷に降りて、川に入って遊ぶことが出来る事。この辺りは浅いところが殆どだけど、深いところや、小さい子供だと足が取られる流れが急なところもあるから、事故が無いように注意。駐車場、トイレ、水場があるので、BBQをやっている人も多い(ゴミは持ち帰ろう)。んー、気持ちいい。

寺島河川敷公園 1


[住所や行き方はこちら]
住所:静岡県藤枝市寺島850-1
Google Map:Google Mapで場所を確認する
車での行き方:1号バイパスの谷稲葉ICから県道32号を北へ5~10分程度
バスでの行き方(藤枝駅):藤枝市の自主運行バス「藤枝駅ゆらく線」に乗り、「稲葉公民館」下車。駅から15分程度。
(※時刻表などはこちらから => http://www.city.fujieda.shizuoka.jp/bus.html


Read more

藤枝岡部の小園付近でホタル鑑賞

先日、たまたま、家族でほたるを見に行こうって事になって、近場で調べてみると・・・
焼津にもホタル研究会ってのがあって、幼虫の飼育など、がんばっているようなのだけど、焼津で見られる場所は、残念ながら限られているようだ。もう少し調べてみると、山側にある藤枝岡部地区まで行くとよさそうな感じ。何箇所かあるようだったのだけど、小園(おぞの)ってところに行ってみる事にした。

場所の詳細をGoogle Mapsにまとめましたので、参考までに。
岡部 小園ほたるの里付近(ホタルマップ)

Read more

焼津ももちゃん農園

久しぶりにももちゃん農園に行ってみた。野菜とか果物を自分で取れるのだ。今回は、トマトとみかんを取りました。
ももちゃん農園:みかん

Read more

return top