上場目指してやってます

 日経BPの大山さんに弊社の事を取り上げてもらいました。
 http://itpro.nikkeibp.co.jp/free/WAT/NEWS/20050605/162127/
 ここの記事にあります通り、弊社(上海)はウェブクルー東京からは独立する方向で考えております。独立してどうするのかと言いますと、オフショア開発ビジネスで上場を目指しています。
 また、一点記事を補足させて頂くと、ウェブクルー社のシステムを全面移管するわけではなく、一部の移管です。オフショア開発の場合、出来る事と出来ない事がありますので、100%の移管は行いません。コスト効率がもっともよくなる箇所を上海に、そうではないところは、東京に残します。常に効率を重視します。
 


 小職の立場ですが、本年4月を持って、東京を退社し、上海のみという形になっております。ウェブクルー東京に4年弱、務めさせて頂いたおかげで、様々な経験をさせて頂きました。その中で一番、大きかったのが、昨年の上場です。
 上場はゴールではありませんが、企業家にとって一つの大きな通過点である事は間違いありません。上場を社内に報告する時の渡辺社長の言葉は、小職にとって、忘れられないものです。上場というのは非常に難しいものであり、とても、大きな責任があるものです。上場をマネーゲームと捉える向きもありますが、もう少し「ロマン」とか「ワビサビ」みたいなものがあってもよかろうと思います。もちろん、気持ちだけでは上場出来ませんので、相応のテクニックも必要だという事は理解しております。
 弊社の上場の目的ですが、資金集めです。資金を集めて、開発規模を大きくしていく事を目指しています。弊社はシステム開発を製造業なみのプロセス管理を目指していく事と、研究開発拠点を設立していく事を目指しています。開発工場と工場効率化を研究する研究所の設立を目指します。要するに、クオリティとコストの両方の目的を同時に達成させたいと思っているわけです。
 とは言え、今は、目先の案件をしっかりこなす事を大切にしています。今年は、上場や企業の将来像を見据えながらも足元をしっかり固める、そんな一年にしたいなと思っています。
 ちなみに、投資家、及び、事業パートナーは常に募集しております。第三者割当増資などは、スケジュールに沿って行う予定ですが、それに向けての話合い、情報のご提供は常に行っておりますので、ご興味があれば、真崎までご連絡下さい。
 真崎英彦<masaki@webcrew.cn>
 蛇足ですが、過去にも少し取り上げて頂いた事がございます。
 http://nad.nikkeibp.co.jp/semi/IPsol/
 http://www.j-club.gr.jp/honbun/seminar22.htm
 http://www.japan-telecom.co.jp/corporate/adgallery/magazine/magazine_02.pdf
 
 この辺りは、日本でもそれなりにやってましたよっていう「自慢」です。

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.

(上記4文字の英数字を入力してください)※

return top